スキンケアを見直す

ニキビの予防としてスキンケアを見直そう!

ニキビの予防としてスキンケアを見直そう!

ニキビの予防としてまずはスキンケアを見直しましょう。ニキビが気になったり、ニキビが出来ないようするために、洗顔だけでなく、脱脂力の強いクレンジング料やパックを常用すると、皮脂をとりすぎてしまうケースがあります。皮脂のとりすぎは肌を乾燥させますので、乾燥を防ぐために油分の多い乳液やクリームをつけることになり、それがニキビをつくる原因になってしまいます。

なので、ニキビの予防としてはまずはスキンケアを見直すことが大切です。自分の肌の状態を考えずに、化粧品をいくつも重ねづけするのではなく、皮脂分泌の多い部分には収れん化粧水を、乾燥しがちな部分には、保湿効果のある化粧水や美容液を使うなど、肌の状態に合わせた使い方が必要です。

ニキビの予防は洗顔が基本

ニキビの予防は何といっても洗顔が基本になります。10代の頃のニキビは汗をかいたり、外出先から帰ってきたら、必ず洗顔することを忘れずに!

また化粧をするようになったら、ファンデーションは油性のクレンジング料で落とさなければ、油分が毛穴に残されてニキビのもとになりますので、クレンジングでファンデーションを落としたら、洗顔料でクレンジングの油分を落としましょう。

ダブル洗顔のいらないクレンジング料が市販されていますが、洗い残しを防ぐため、必ずダブル洗顔をしましょう。また洗顔の際は、ニキビ部分をゴシゴシこすったりしないで、泡で包むようにやさしく洗ってください。