ニキビが出来やすい肌

大人のニキビ対策 ニキビが出来やすい肌のケアとは

大人のニキビ対策・ニキビが出来やすい肌のケア

大人になってもニキビがでやすいからといって、洗顔しただけでサッパリタイプの化粧水だけですませてしまう人もいますが、肌に必要な潤いを肌に補給してあげないと、肌はどんどん乾燥して角質肥厚をおこしてしまいます。

角質肥厚をおこしてしまうと角質が毛穴をふさいでしまい、ますますニキビが増えてしまう状態になってしまいます。

ニキビができやすい人のケアとしては、余分な皮脂は取り除き、肌を乾燥させないことが大切です。そして食事や生活のリズムを整えて肌の抵抗力を維持することが大切です。

ニキビが出来た時の対応とは

20代の人の肌が乾燥しているのは、あるいは乾燥しやすいのは洗顔をやりすぎているからといわれます。角質層は自ら潤って水分を防ぐという力をもっており、ニキビやテカリを嫌って洗顔をやりすぎるとその力を失わせてしまいます。

また過度に角質をとり過ぎると代謝が早くなりすぎて未成熟な細胞が生まれてしまい、皮膚の抵抗力も落ちてしまい肌トラブルの原因になることもあるようです。ニキビが出来てしまったからと言って、洗顔のやりすぎはかえって逆効果になることもあるようです。

ニキビ跡は知らないうちに大きくなることも

ニキビ跡によって肌がデコボコになってしまって困っている方も少なくありませんが、ニキビ跡の肌のデコボコは気が付かないうちに大きくなることのあるようです。
肌をゴシゴシと強く洗ったり、紫外線を強く浴びるなどするとニキビ跡のデコボコは拡大するようです。ニキビ跡の肌のデコボコをこれ以上悪化させないためにも正し
い肌のケアが必要と言えます。

肌をキレイにしたいからといって、パックをやりすぎては肌を傷めますし、肌にスポンジを直接あてて洗顔するのも肌を傷めてしまいます。また長時間メイクをしているとメイクの油分が酸化して肌への刺激物となりニキビを誘因したり、ニキビ跡を広げてしまう原因になります。ニキビ跡を大きくしないためにもこれらの事には注意しましょう。

美容クリニックで肌のケアを

美容外科というのは美容整形をするだけではありません。横浜にある新宿美容外科には皮膚科も併設してあり、ニキビだけでなくニキビ跡やシミなどの肌の悩みも相談することができます。どんなに食生活に気を使っていても洗顔やスキンケアを頑張っていたとしても、治ったと思えばまたポツッと現れてしまい、繰り返すニキビに心が折れてしまいますよね。諦めていたニキビ跡には強力なレーザー機器を使用し、皮下深部までアプローチをかけて治療をしていき、ニキビの治療に関しては脱毛効果のあるレーザーを使用していくので、通院を重ねていくごとに顔全体が綺麗になっていきます。第一印象で重要視されやすい場所なだけにダウンタイムを気にせず治療できたら最適ですね。

新宿美容外科横浜院 http://tokushige-clinic.com/