ニキビの種類

ニキビの種類と進行状態・ニキビの種類とは?

ニキビの種類と進行状態

ニキビの種類とは

ニキビの種類にはニキビの進行状態によって「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「膿ニキビ」の4つに分けられます。

  • 白ニキビは、毛穴の皮脂がつまって乳白色の小さな固まりができたもの。
  • 黒ニキビは、皮膚の表面に出てきた皮脂が、酸化したり、汚れ黒ずんだもの。
  • 赤ニキビは、つまった皮脂に細菌が繁殖して炎症を起こしたもの。
  • 膿ニキビは、さらに細菌が繁殖し、炎症が悪化してたもの。膿ほうになると、跡が残りやすい。

ニキビ跡を作らない為ににきびを悪化させない

ニキビが治ったあとに出てくるのがニキビ跡ですが、にきび跡の大きさはにきびの炎症の度合いによります。にきびの炎症が深く激しいほどデコボコで大きくなってしまいます。また虫刺されや切り傷など普段から傷の跡が残りやすい人は、ニキビ跡のデコボコが大きくなりやすいといわれています。
ニキビ跡を作らない為にもにきび跡を大きくしないためにもまずはにきびを悪化させないことが大切です。

ニキビ跡を作らない為に黒ニキビの段階で正しい治療を

ニキビ跡を作らないためにもニキビを悪化させないようにしなくてはなりません。黒ニキビはニキビの初期段階に出来るにきびのことで、この黒ニキビの段階ではまだ炎症がはじめっていないため、黒ニキビの段階で治せばデコボコのニキビ跡がのこることはないと言われています。

ただ黒ニキビの段階では皮脂が毛穴を目一杯に広げてしまうので、治ったあとは毛穴がプツプツと目立ってきます。

赤ニキビ・群集ニキビにはニキビ跡になるので要注意

赤ニキビはデコボコ跡になる黄色信号

ニキビの症状として炎症が最も激しいのが赤ニキビですが、赤ニキビはニキビの頭が真っ赤に腫れあがりちくちく痛みを感じるのが特徴。

症状が悪化したり化膿して熱を持ったりすると炎症がおさまった後も傷が深く残ることもあり、ニキビ跡としてデコボコ跡が残りやすくなるので要注意です。

群集ニキビはデコボコ跡になる赤色信号

赤ニキビよりもニキビ跡が残るのが群集ニキビと言われます。群集ニキビはいくつもの皮脂腺が複雑にからみあって大きなニキビを形成しているので治るのが難しく、肌に与えるダメージも大きいニキビと言われます。

群集ニキビはデコボコのニキビ跡になってしまうので、皮膚科などでしっかりと治すことが重要です。