ニキビ治療

治療に効果的と言われる光治療機を使用してのニキビ治療

ピュアアクネスによるニキビ治療と関連情報

ピュアアクネスによるニキビ治療とは、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・化膿ニキビ(ニキビ全般)の治療に効果的と言われる光治療機を使用してのニキビ治療のことを指しており、この光治療機がニキビの原因であるアクネ菌が自然産出している光感受物質のポルフィリンというのものが反応する光を発し、ニキビを治療する治療方法のことです。

その効果性としては、前述のように、ニキビの根源であるアクネ菌を殺菌し、ひどいニキビでも解消に向かうとも言われています。
また、ニキビ跡の治療、ニキビ跡の赤みや色素沈着にも働きかけて、皮脂分泌を抑えてニキビの再発を防ぐ効果も期待出きるようです。
顔以外にも背中のニキビなどにも効果があるようです。

ニキビは出来ても潰さない、そして常に正しい洗顔で皮膚を清潔にしてニキビが出来ない、悪化しない状態を保つことが大切と言われます。また紫外線を浴びたり、無理な日焼けは肌によくないので紫外線防止をしっかりとして大切な肌を守りたいものです。
しかし、ひどいニキビに悩まれる方にとってピュアアクネスによるニキビ治療はもしかしたら救世主になるかもしれません。

ニキビ跡のケア・レチノール化粧品

ニキビ跡のケア、ニキビ跡のボコボコお肌に効果を発揮するのはレチノール化粧品の名があがります。レチノールは皮膚の下にあるコラーゲンの生成を助ける働きがあり、レチノールを塗り続けることで肌が滑らかに、そしてふっくらと弾力のある肌になるなどの効果を発揮するようです。即効性は期待できませんが根気良く使い続ければ肌が少しずつ再生してくるのではないでしょうか。

ニキビ跡のケア

ニキビ跡をつくらならいためには、ニキビを悪化させないことが一番重要なこと。またニキビ跡は完全に滑らかな状態にすることはできませんが、ニキビ跡ができてしまってらレチノール化粧品を上手に活用したり、保湿化粧水による水分補給でニキビ跡を目立たなくすることも出来るようです。
またニキビ跡の色素沈着を薄くするのにホワイトニングも効果的のようです。

コスメティック・アクネの予防とは

20代を過ぎてニキビが出来て治療しても、ニキビの原因をなくさなければまた新たなニキビができてしまいます。20代からニキビが出来てしまう場合にはスキンケアを見直すことが不可欠です。

朝早くから夜遅くまで一日中ファンデーションを塗ったままという肌の状態では、毛穴がふさがれて皮脂がつまり、ニキビが発生しやすい状態です。ニキビを予防するにはまずファンデーションをできるだけ早く洗い落とすことが大切です。

夜遅くまでファンデーションを落とせない場合は、1度綺麗にお化粧を洗い流し、基礎化粧からメークをやり直すといいでしょう。

またニキビができているときは、ポイントメークだけにとどめましょう。どうしてもファンデーションを塗りたいなら、パウダーファンデーションを軽くつける程度は良いでしょう。