原因と跡が出来る仕組み

ニキビは年代よって出来る原因が異なります・生活習慣でニキビを治す

ニキビは年代によって出来る原因が異なる

ニキビは年代よって出来る原因が異なります。10代のころのニキビは、皮膚の分泌を盛んにする男性ホルモンの影響を受けやすい時期のために、ニキビができやすい肌の状態にあります。

また20代でニキビができる原因は、皮膚の分泌の他にメークや間違ったスキンケア、不規則な生活からくる睡眠不足や食生活の乱れなどです。20代のニキビはコスメティック・アクネ(間違った化粧品の使い方などによるニキビ)が多いのが特徴です。

20代になってからニキビができたり、そのニキビがなかなか治らないと悩まれる人も少なくありません。20代になってニキビをつくらないためにも生活習慣はもちろん、正しいスキンケアを取り入れましょう。

ニキビを潰してしまうとニキビ跡やりシミを作ってしまう

ニキビを潰してしまうとニキビ跡やりシミを作ってしまいます。ニキビが出来るとニキビが気になって触ったり、つぶしたりしがちですが、ニキビを手で触ると細菌が付着し、悪化したり、皮膚を傷つけることになり、跡が残ってしまう可能性があります。

ニキビをキレイに治すなら、皮膚科で治療を受けるのが良いでしょう。またニキビの治療には、医療器具を使ってつぶす方法、内服薬や塗り薬で治す方法があります。

ニキビの進行について

ニキビは比較的軽症のものから、後が残ってしまう重症のニキビまであります。ニキビは最初は毛穴に皮脂がつまって表面が少し黄色っぽくなるのが特徴です。これが進行すると「白ニキビ」となります。

そしてニキビの初期段階の「白ニキビ」から毛穴につまった皮脂が押し上げられ皮膚の表面に出て、空気に触れ酸化したり、汚れが付いたりして次第に黒ずんできて、「黒ニキビ」になります。この「黒ニキビ」の段階で治ればニキビは跡を残しません。

白ニキビや黒ニキビが悪化すると、「赤ニキビ」になり、赤ニキビは、赤くはれ、触ると痛みがあります。さらに炎症が悪化した場合は、「膿ニキビ」となりこの段階にくると、正しい治療をしないとニキビ跡が残りやすくなります。

また、胸や背中の脂っぽい部分にできるニキビはカビの感染症が原因であると考えられています。ニキビは早めに治せば、跡になることはありませんので膿ニキビになる前に皮膚科を受診しましょう。